しそペースト

山のような紫蘇が畑から届き、ペーストを作った。ひと束分の葉をグラインダーに押し込み、オリーブオイルとリンゴ酢と、あとは塩こしょう、ちょっとお砂糖。最初、空回りしている葉っぱ達も、次第に巻き込まれていって、最後はとろとろしたペーストになる。

英語の先生が、生徒さん達と、ご自宅で一品持ちよりランチ会を開かれた折に、ひと瓶持参した。後日、「レシピを」とメールがあったので、ざっくり返信したところ、困惑の返信が届いた。「それが一番困るレシピ!お好み?アンに出てくる恐妻家の夫が嘆いています。人と違ったらどうするんです?って。せめて紫蘇、酢の量教えてくださいな」

わわわ!なんとか枚数やら分量やらを~適当ながら~書き送り、ひと言「いつも、一期一会料理です」と付け足した。

「赤毛のアン」は、決して、自由ではない共同体の暮らし。アンの葛藤と諦念に、作者の苦しみが重なる世界。いいじゃないですか、人と違っても!21世紀のおんな達は、大地を堂々と、我が道を歩きましょう。一期一会を楽しんで。古風で可愛らしい先生の姿も微笑ましい。

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleあれこれおしゃべり入り口sidetitle
sidetitleプロフィールsidetitle

miyomiyo7

Author:miyomiyo7
みよみよのブログへようこそ!
私は東京の郊外、中央線沿線に長いこと住んでいます。
電車、飛行機、車、自転車・・・乗り物で移動するのが大好きで、その間に考え事をしたり「夢」を見るのが得意です。
お喋りは会ってするのがお楽しみ!
というわけで体を移動し、人に会い、やってみてから考えるアナログ派。
そんな「体験」から気づいたこと、手に入れたものを、ご紹介したいな。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle