ステージのピアノ

発表会のあとの、ホールを借りている時間を利用して、ステージのピアノを弾く機会を頂いた。グラウンドピアノの譜面代の立て方さえ、知らない。鍵盤がライトに照らされ、よく見えない。アリスのようにトンネルを落下している気分だった。ここはどこ?

あらためて、さっきまでステージに順番に立っては練習の成果を発揮していた、子どもたちの勇気に脱帽。遊園地よりスリル満点。
こちらは乗り物酔い。ピアノ友の一年生のけいちゃんが、「綺麗だったよ!」と、励ましてくれた。いやいや、あなたの努力と度量こそ大したものだよ。もう二度といいやと思いながらも、ステージのピアノの前に座った体験は良かった。やってみて、身をもってわかった。彼女たちの、日々の精進。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する