「精神疾患の親がいて」シリーズ

朝日新聞に「精神疾患の親がいて」という記事がシリーズで載った。

上 「『普通の家って?』成人後も悩む」 2017年1月18日
中 「当事者同士の語い 支え」 2017年1月19日
下 「家族まるごと支援を」2017年1月20日
反響編 「息子の笑顔もう曇らせない」2017年2月14日

どの記事も、身近な自分事だと受け取っている。1月19日に掲載の「親と子のグループワーク」(PCG)には、毎回、ファシリテーターとして参加している。「どうしようかなぁ」と思う時、その想いを聴いてくれる相手が一番の宝だ。「グループ」には、「生き延びるための知恵と勇気とユーモア」がある。話の中身はしんどいが、その語らいの場は、やさしくやわらかい。

そして「当事者」と同じく、「支援者」にも「支援者」が必要だ。それが「支援」のネットワークになるから。明日に繋がるから。

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleあれこれおしゃべり入り口sidetitle
sidetitleプロフィールsidetitle

miyomiyo7

Author:miyomiyo7
みよみよのブログへようこそ!
私は東京の郊外、中央線沿線に長いこと住んでいます。
電車、飛行機、車、自転車・・・乗り物で移動するのが大好きで、その間に考え事をしたり「夢」を見るのが得意です。
お喋りは会ってするのがお楽しみ!
というわけで体を移動し、人に会い、やってみてから考えるアナログ派。
そんな「体験」から気づいたこと、手に入れたものを、ご紹介したいな。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle