汐留

昨日、汐留の電通カレッタの展望台からウォーターフロントを眺めた。築地、羽田、東京タワー。ビジネス街、くねる高速、地層深いトンネル。

3.11の際に、息子くんは自社ビルから浜離宮公園に逃げ、対岸に燃えるガスタンクの黒煙を見、津波の映像に人々とどよめいたのだという。

見下ろしながら、「あかんやろ」と思う。あれから、メルトダウンは続いている。復興資金も税金も、コンクリートに消えて。

「希望にむかって」とか「明日のために」とも思わなくなった自分が、あれ以来、いる。それが正直な生き方のようで。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する