バス停のフェンス

猛暑・大雨の日には、バスを使う。バス停は駐車場の手前にあって、雑草がせり出し狭苦しい。6月のある日、甘い香りに気づいた。小さなバラが降るように咲いていた。枯れたのも、旬な花も蕾も溢れている。近寄るとクラクラするほどで、バス待ちが、バラセラピーになった。次には、あじさいが待っていた。小振りだが、頑なにフンッと突っ張っているようで、ムーミンにでてくるミイが想い出された。7月になって、さすがに花も終わったろうと行ってみると、ミントの林になっていた。炎天の下日傘に隠れながら、プチプチと葉をちぎって過ごした。息が深くなった。

もしや、この駐車場の持ち主は、この小さなバス停で待つ人を、思い計ってくれているのではなかろうか。

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleあれこれおしゃべり入り口sidetitle
sidetitleプロフィールsidetitle

miyomiyo7

Author:miyomiyo7
みよみよのブログへようこそ!
私は東京の郊外、中央線沿線に長いこと住んでいます。
電車、飛行機、車、自転車・・・乗り物で移動するのが大好きで、その間に考え事をしたり「夢」を見るのが得意です。
お喋りは会ってするのがお楽しみ!
というわけで体を移動し、人に会い、やってみてから考えるアナログ派。
そんな「体験」から気づいたこと、手に入れたものを、ご紹介したいな。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle