大葉

畑に、大葉が生い茂っている。野菜の日陰になってしまうので、抜き取るが、あまりに立派でもったいない。夫が、あちこちに配って歩いた。それでも、一本手に入れば十分の分量で、そうそう引き取り手は居ない。「もう捨てるしかないか」と呟いたら、一肌脱いでくれる友人が現れた。駅前で、自然・天然素材のお店を経営していて、「ネットで呼びかけて、お店に置くから、いつでも持ってきて」と言う。

緑の葉っぱが軒先を飾ると、清涼感が漂う。ぎらついた陽の元でも、ざぶざぶ降る大雨でも、濃緑は目にやさしい。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する