「批判に対処する」

社会福祉協議会の職員研修を担当している。今回の研修テーマは「批判に対処する」だ。クレーム対応の一助にしていただく。レジメやプランを支度しながら、あらためて、アサーティブネスのポイントをさらった。

相手からの批判が「もっともだ」と思われる場合には、「そうです。その通りです」と、批判を認める。次に、それを改善していきたいか、それともこのままでよいと思っているのかを見極め、改善したい場合には、その旨を伝え、このままで良いと思う場合には、「これでよいと思っている」と伝える。

一般的に、批判への対処策は、まずは「謝る」から入ることになっている。「ご迷惑をおかけした」「大変申し訳ない」。昨今では、長と名の付く人々の、深々と頭を下げる儀式ばかりが目に付き、身を低く見せる空々しい姿に、腹が立つ。ただのマニュアル対応だ。

常識だと了解されているモラルを、アサーティブネスは越えていく。そこが魅力的だ。
しっかり自分の中心に立つと、相手との距離感が、はっきり感じられる。「あなたとは違うのね」という認識だ。そこから出発する。「境界線」を引いてスタートする。この作業が、「批判に対処する」第一歩になる。

実際の研修では、幾人かが、正当な批判にカテゴライズしていた案件が、実は、不当な批判だったと気づかれた。それまで「ご意見ごもっともです、済みませんでした」と、頭を下げていた対応を、アサーティブに変えると、「残念ですが、それは出来ません」と、はっきり断ることになった。ロールプレイの感想は、「結局、返事を長引かせているだけだったのが、その場でしっかり断りを伝えて楽になった」ということだった。

批判が正当か正当でないか、それを決めるのは自分だ。自分としっかり向き合う作業は、力仕事だけど、愛おしくも大切な時間になる。


コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleあれこれおしゃべり入り口sidetitle
sidetitleプロフィールsidetitle

miyomiyo7

Author:miyomiyo7
みよみよのブログへようこそ!
私は東京の郊外、中央線沿線に長いこと住んでいます。
電車、飛行機、車、自転車・・・乗り物で移動するのが大好きで、その間に考え事をしたり「夢」を見るのが得意です。
お喋りは会ってするのがお楽しみ!
というわけで体を移動し、人に会い、やってみてから考えるアナログ派。
そんな「体験」から気づいたこと、手に入れたものを、ご紹介したいな。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle