キャベツ

キャベツができはじめた。

外葉が大きく拡がり、真ん中に小さな結球が着くと、

連なりが、アカンサスの文様のように、美しい。

くるりと丸まって、並んでゆりかごに眠る、赤ん坊たちにも見える。


ある日、夫が帰ってきて、「無くなった」と言う。ひとつ、欠けた。

あにはからんや。

朝、明け始めの畑には、不思議な所作をする人々が、しばしば見受けられるそうだ。

「ありえへんだろ・・」という出で立ちで、するりと道へ抜け出て行くという。


こう雨続きでは、「お天道様」も、雲間から見届けるのは難しい。

「良心の呵責」なんてのも、湿ったままで、大した悪さとも思わないだろう。

それでも、作り手には痛手だ。数でも値段でもない。

無体なことをするモンだと、落胆する。


昨今の、手塩にかけた命を、身近で、日常の中で失う虚ろには、途方に暮れる。

目を向ける先が見つからない。











コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleあれこれおしゃべり入り口sidetitle
sidetitleプロフィールsidetitle

miyomiyo7

Author:miyomiyo7
みよみよのブログへようこそ!
私は東京の郊外、中央線沿線に長いこと住んでいます。
電車、飛行機、車、自転車・・・乗り物で移動するのが大好きで、その間に考え事をしたり「夢」を見るのが得意です。
お喋りは会ってするのがお楽しみ!
というわけで体を移動し、人に会い、やってみてから考えるアナログ派。
そんな「体験」から気づいたこと、手に入れたものを、ご紹介したいな。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle