PCG行政報告会

昨日、立川RISURUホールの会議室で、「PCG(ペアレント チャイルド グループ)行政報告会」が開かれた。主催は、NPO法人多摩在宅支援センター円。円の在宅看護サービス利用者を対象に、精神障害を持つ親とその子どものためのサポートグループが立ち上げられて、8年目を迎えている。毎年、行政に向けて報告会を開き、連携と、さらなる工夫と拡がりを求めて、熱いひとときがもたれた。

円の代表、寺田さんは挨拶で、「一緒に動いて!ということです。部署があっても担当が居ても、その人が動くかです。『人』ってことなんです」と、熱心に語った。PCGのスタッフは、とにかく、動く。きもちもからだも、当事者の状況に連れ添って動く。動くことを厭わない人たちが運営している。医療・社会福祉の人々が持つ資質の、根幹のようにも感じられる。

私も、動くのは得意だ。ただし、今では「人のためにではなく、私らしく動こう」と、心に決めている。寺田さんからPCGのファシリテーターを依頼されて、今年度から担当を始めた。立ち上げ当初も係わったが、今の私が今の状況に、どのように係わるかは、全く新しい。私自身が動き続けている。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する