発表会

もうすぐ、ピアノの発表会がある。私は参加しない。発表会は、ハラハラしながら見守るのが醍醐味なのに、自分が出てしまっては、それどころではなくなる。毎年、会場の椅子に身を沈めて、プレイヤーたちにエールを送って来た。

舞台に立つ姿を眺めるだけで、こころがとろける。上手、下手じゃなく、身体も精神も変容している様が一目瞭然で、惜しみなく拍手を送る。昨年「1番」を飾った小さな女の子も、すっかりお姉ちゃんになったと、聞いている。顔見知りになった子どもたちも、愛おしい。おばあちゃん気分で、楽しみにしている。彼らにも、そして自分にも、「いいんだよ、それで。楽しんで」と言ってあげるひととき。




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する