新年の日々

 新しい年になって、はや、4日。
夜になると、喉の奥がひりひりとして、マスクをかけて寝ている。
冷たく乾燥した空気にさらされて、くたびれている。

それでも、一晩経つと潤いが戻る。
体を休めて回復するちからに、今更ながら驚く。

小さな子どもたちが、今、一緒に暮らしていて、
泣いたり、踊ったり、歌ったり、駆けたり、身体ごとでつきあっている。

くたくたはきもちいい。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する