富士山と銀杏

国立の富士見通りは、その名の通り、正面に富士山がそびえて見える。今は、麓に銀杏が色づいて、まさに「裾模様」。金色の木立と、白い頂と、水色の空が美しい。自転車を漕いで直進していくと、次第に富士は銀杏の後ろの建物に消えていく。替わりに、金色の葉が迫ってくる。

角を曲がってその光景から離れて、ふと「そうか」と思う。背景にある大きなものは、近づくとその姿はなくなるんだなぁ。、まるで、元からそんなものはない、と言えるほど。それがあることの証明もむずかしい。替わりに、近くのものは存在感を増し、そればかり迫る。まるで「そのこと」以外には、何もないように。

背後に大きなものがあるって、信じていよう。できれば、それが見えるくらいのところに、立ち返ってみたい。自分の中に広いスペースを作って、全体の光景を眺めてみたい。
sidetitleあれこれおしゃべり入り口sidetitle
sidetitleプロフィールsidetitle

miyomiyo7

Author:miyomiyo7
みよみよのブログへようこそ!
私は東京の郊外、中央線沿線に長いこと住んでいます。
電車、飛行機、車、自転車・・・乗り物で移動するのが大好きで、その間に考え事をしたり「夢」を見るのが得意です。
お喋りは会ってするのがお楽しみ!
というわけで体を移動し、人に会い、やってみてから考えるアナログ派。
そんな「体験」から気づいたこと、手に入れたものを、ご紹介したいな。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
10 | 2013/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle