右脳の日々

ジル・ボルトテイラー氏の著書、「奇跡の脳」(新潮文庫)を読みました。「みよちゃんみたいな仕事をしている人は、必読よ」と言われて。読み終わって、自分の暮らしにもっと右脳を!と、触発されました。

待ちに待っていた60歳になり、境界線を越えて「右脳世界」の門をくぐったみたいです。「今ここ」に集中して、それを楽しむ世界観です。お誕生日前日から連日、映画、音楽会、整体、そしてサウナと巡っています。

それをコーディネートできている「左脳機能」にも、感謝です。だって、ただ右脳世界に浮遊していたら、迷子になってしまうから。

友人からチケットを頂いた「メサイヤ」では、「いつの日かキリストが地上に降り立って・・」のアリアで涙をこぼしました。いつも大好き。

「ピナ・バウシュ 夢の教室」では、10代の語りと舞踏の重なりに浸りました。ピナが美しい・・・。

妹に誘われたコンサートは、小さなホールの、少人数の前で、ありったけの内なる音楽を奏でる青年の姿が、誇り高かった!

サウナの中で、「奇跡の脳」の話をすると、「面白い!すぐに点訳を頼もう!」とノリのよい共感を得て、うれしかった。

整体では、「身体の細胞」が泡のようにうごめきながら、互いに作用する実感。

これまでと違わない日常でも、意識して右脳・左脳を切り替えると、希望と明るさを放ちます。
sidetitleあれこれおしゃべり入り口sidetitle
sidetitleプロフィールsidetitle

miyomiyo7

Author:miyomiyo7
みよみよのブログへようこそ!
私は東京の郊外、中央線沿線に長いこと住んでいます。
電車、飛行機、車、自転車・・・乗り物で移動するのが大好きで、その間に考え事をしたり「夢」を見るのが得意です。
お喋りは会ってするのがお楽しみ!
というわけで体を移動し、人に会い、やってみてから考えるアナログ派。
そんな「体験」から気づいたこと、手に入れたものを、ご紹介したいな。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
06 | 2012/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle