野菜しごとと大晦日

「畑はカラカラだよ」と言いながら、パートナー氏が野菜を抱えて帰ってきました。。「のらぼうが、水くれ水くれって言うからさぁ」と、作業に手間取ったわけをつぶやいています。確かに、人参の葉っぱはすっかり茶色で、さすがに食べる気がしません。大根の葉も縁取るように黄ばんで、茎は硬そうです。白菜もさわるとカサカサ音がしそう・・・。

それでも食卓の彩りに、あざやかな緑は欠かせません。ほうれん草の赤い根っこは、あくが出るので切り落としても、そこだけゆでて箸休めに。葉先は明日、お雑煮に乗せよう。大根の葉は茎から切り落として、ゆでて煮浸しに。花型に人参と大根を切り抜いて、残りを「なます」に。柚の皮を加えると、しろ、あか、き、とそれだけでうっとり、美しい。お正月の支度を率先してする方じゃないけれど、「食べてくれぇ」とばかりにやって来る野菜達を迎えると、「じゃぁ、ちょっとやるかなぁ」という気にもなります。

友人夫婦が、恒例の一升瓶を抱えてやって来ました。ふざけるのが大好きな彼は、大晦日にやって来ると、必ず「明けましておめでとう!」と、大声で呼びかけます。子ども達が小さかった頃には、「今日じゃないでしょう、明日でしょう!」と、必ずツッコミを入れ、それが彼の思うつぼなのでした。とぼけて「ええぇ?そうかなぁ。もう正月だよぉ」と彼。ムキになって「違うよ、違うってば」と騒ぐ子ども達。応酬はいつまでも続くのでした。

かけがえのない友人です。手痛い体験を一緒に乗り越えました。私の初めての出産の前日に、彼らは幼い子を亡くしたのでした。以来、私たちは互いの子ども達を宝物にして、育てました。

今日も、彼は「明けましておめでとう!」と入ってきます。もう誰も取り合う人はいませんが、なごやかな年末のひとときに、おしゃべりは続きました。
sidetitleあれこれおしゃべり入り口sidetitle
sidetitleプロフィールsidetitle

miyomiyo7

Author:miyomiyo7
みよみよのブログへようこそ!
私は東京の郊外、中央線沿線に長いこと住んでいます。
電車、飛行機、車、自転車・・・乗り物で移動するのが大好きで、その間に考え事をしたり「夢」を見るのが得意です。
お喋りは会ってするのがお楽しみ!
というわけで体を移動し、人に会い、やってみてから考えるアナログ派。
そんな「体験」から気づいたこと、手に入れたものを、ご紹介したいな。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
11 | 2011/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle