長い6月

なんだか、ずっと6月を暮らしているような気がします。
自分が水生動物になって、ぬるい田んぼの水の中で、ひたすらえさを食べ続けているような気分です。

先日、畑の用水路を、アオダイショウが泳ぐのを観ました。
流れに逆らって、鎌首をもたげ、赤い舌をチロチロさせながら身をくねらせ、水から浮くように進みました。

ふわぁと流されたかと思うと、対岸へたどりついて、石組みのすきまに身を挟み込むと、顔を道路に投げ出すようにして、
しばし休憩をしました。尾は水になびかせたままで、涼しげな顔つきでした。

それにしても、上流にはちょっとした堰もあり、あれを登っていくのは、容易ではなさそうでした。

夏の直前の、生き物が成長をかけて捕食する季節には、私もなにやら他者に目を向けるゆとりがなく、
ひたすら、毎日の過ぎていく時間の中にいて、「長い・・・・」と、ため息を漏らしています。

蛇の泳ぐ姿は美しく、休み方にも惚れ惚れしました。
あんな風に理に適った姿で、居たいなぁ。



スポンサーサイト