クリスマス会

ファシリテーターとして参加している、円グループ主催のPCG(親と子のグループワーク)で、クリスマス会が開かれました。親グループは、いつものようにわかちあいのミーティングを済ませ、子グループは、遊びながら飾りつけをして、開会を待ちました。「てっぺん一座」さんが来て人形劇のしつらえをする中、たくさんのおいしいごちそうが並んで「乾杯!」。

サンタさんととなかいさんが登場してプレゼントを配ると、楽しいひと時は、あっという間に過ぎました。

参加者の一人が、帰り際に、「ここにいると、おしゃべりして、エネルギーもらって、楽しい。でも、一歩出ると、ぐったりして、うちでは何もできなくなる」と、つぶやきました。楽しい華やかな時間は短く、日常は、終わりなく長い。嘆息に相槌を打つばかり。

ふりかえりの中で、スタッフの一人が、「グループワークの基本はA.A。『無力』から始まるプログラムが解決しないこと、終わらない課題につきあう、真骨頂」と、つぶやきました。

なんかなぁの日常が続く中、また、会いましょう。くりかえしのミーティングが、静かなエネルギーのわかちあいになるでしょう。
スポンサーサイト

散歩続き

お散歩が続いている。EYNのスタッフと、多摩湖に出掛けた。落ち葉を踏んで里山に分け入って地元の鎮守様にお参りし、急な雨に「釜飯屋」に逃げ込んで暖を取り、山を切り開いて造られた竜のうねる階段を昇って異国風の霊廟を尋ねた。もう帰ろうと都心に向かうライナーに乗り込んでなじみ深い街の駅ビルでお茶をすると、元気回復した。神様方の領域より、雑踏の中でホッとした。

昔からの友人と国立をひと巡りした。摘み草だの焼き芋だのクリスマスだのと、年中だんごのように一緒に過ごした子育て仲間。「みよさんちに泊めてもらったことがあったわ」と言われ、いつのことやら思い出せない。こちらこそ、こどもたちの最初のお泊り会は、彼女んちだった。桜通り、谷保、大学通りと歩きながら、幾層もの自分たちに出合うようだった。

友人は先日の「交流会」に参加してくれた。「あの時、谷保に『ムーミン』のお店があるって、みんなが話してたでしょ。みよさんも知ってるって言ってたわ。ぜひそこを尋ねたいの」と言われ、はてな?と思いながら聞き込みを開始したが、地元の商店主にもわからない。あきらめて大学通りを歩き始めたころ、老舗のcafeをみて、「あ、ここだ!ムーミンじゃなくて、ひょうたん島だった!」。ここでお茶したという話は、確かに交流会で聞いた。ひょうたん島がいつのまにやらムーミンに変換していたようで、ま、おんなじようだ!と大笑い。とにかく、謎が解けてよかった。

歩きながら、スタッフと、友人と、「アサーティブネス」の話をする。それはプログラムであると同時に、暮らしそのもの。つながりの源流。そこにも幾層もの時間が通っている。

交流会にご参加、ありがとうございました

10月14日の交流会に、ご参加ありがとうございました。

にぎやかに、懐かしい人たちが集まりました。初めて顔を合わせた方同士も、和やかに歓談されました。EYNのスタッフがみんな居て、「会ったのは10年前になるのに、あのときと変わらないですね!」と、驚かれていたスタッフもいました。講座コーディネーターをしてくださった方は、「EYNらしい雰囲気に、ホッとしますね」と、お気に入りのムードを伝えてくださいました。

「アサーティブネス・トレーニング」は、人が集まるきっかけになっていて、その働きは、交流の場に現れるような気がします。自己紹介し、相手の話を聞き、話題を共有し、あるいは違いに気づいてそれを認め、一緒にいてもいいし、一人で過ごしていてもいい。

「同窓会を開きましょう!」という、暖かいネットワークも動き出したようです。それもよし。
一方、潔く「さようなら!」と言うのも、ステキな関係です。共に過ごしながら、花火のように解散。。。そんなエンパワーYOUネットワークのイメージが、交流会に流れていました。

交流会の申し込み

台風の影響もあり、急に秋深い空気になりました。

交流会までひと月を切り、これまでのお申し込みは、15名程いただいています。久しぶりのお顔、普段はFACEBOOKでの情報交換。。。そうした皆さんと、お茶しておしゃべりできるのが楽しみです。もちろん、最近も集会や講座で出会う顔なじみの皆さんと、ホームグラウンドの心地よさを味わうのは、また格別です。

身近な暮らしも世界も、ガンガンと音を立てて解体しているような気がします。そして、内側から、新鮮な、柔らかいものが現れているようにも感じます。交流会ではそれぞれの日常にある、体験されているNEW&GOODSを、わかちあいましょう。「アサーティブネス、私のイチオシ!」は、今の流れの中で実感されているライブです。

定員は設けませんでしたが、会場やグループワークの運びから、20名ほどになりましたら締切とさせていただきます。
お会いするのを心待ちにしています。

ばったり出会う

街中で、ばったり知人に会う。「それって、みよちゃんの得意技ね」と友人からコメントをもらった。そういえば、バスの中で知り合いの親子連れと遭遇しておしゃべりした、そのあとにも、手紙を出しに行きがてら、ふと思い浮かべた友人に、帰り道で会った。夜目が覚めて台所で水を飲んでいたら、気にかけていた相手から着信が鳴った。

先日は、商業ビルで食料売り場に降りようとしている友達を発見して呼び止めた。丁度、後任者を選定するミーティングに出向く直前だったので、その場で、持ち合わせの付せんに、彼女の履歴を書いてもらって持ち込んだ。ついでに、10分ほどそこらのベンチで近況やら情報交換して、元気になって別れた。重なった用件が相乗作用を起こして、劇的に、あるいはゆるりと、課題が解かれる。ラッキー!

ぼんやりした想いに、「は~い、おとどけしま~す」と応答がやってくる。「神はあまりの熱意を嫌う」ということわざが、古典ギリシャ語の例文にあった。そうかもしれない。